WRC 第10戦 トヨタガズーレーシング ・タナック選手がラリー・ドイチェランド三連覇

業界ニュース

2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・ドイチェランドの競技最終日デイ4が、8月25日(日)、ドイツ西南部のボスタルジーを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック選手/マルティン・ヤルヴェオヤ選手組(ヤリスWRC #8号車)が優勝を果たし、クリス・ミーク選手/セブ・マーシャル選手組(#5号車)が総合2位、ヤリ-マティ・ラトバラ選手/ミーカ・アンティラ選手組(#10号車)が総合3位で完走し、ヤリスWRCは初めて1-2-3フィニッシュを飾った。

 

 

最終日のデイ4は、サービスパークの北側、モーゼル河畔に広がるブドウ畑で2本のステージを各2回走行し、4本のSSの合計距離は79.50kmとなった。デイ3で首位のタナック選手を筆頭に1-2-3体制を築いた3人のドライバーは、道幅が狭くツイスティなコーナーが連続するブドウ畑のステージを堅実に走行。4本のステージを問題なく走り切り、2017年のWRC復帰以来初の1-2-3フィニッシュを達成した。タナック選手は、ラリー・ドイチェランド三連覇を達成し、今シーズン5勝目となった。ドライバー選手権首位の座を守り、2位の選手に対するリードを33ポイントに拡大した。また、ミーク選手がチーム加入後初の表彰台に立ち2位でフィニッシュし、チームは最大のマニュファクチャラーポイントを獲得。マニュファクチャラー選手権2位の座を維持し、トップのチームとの差を8ポイントに縮めた。

 

また、TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジプログラムにより、今回初めてヤリスWRCでWRCに出場した勝田 貴元選手/ダニエル・バリット選手組(#17号車)は、初出場のラリー・ドイチェランドを総合10位で走破した。

 

ヤリスWRC #8号車のオィット・タナック選手は、「チームにとって最高の結果が得られたので、今晩は盛大に祝勝会が開かれるでしょうし、ドイツのTMGを訪れる明日もきっとそうなるでしょう。今シーズンはまだ4戦残っているので、集中力を保ち続けベストを尽くして戦わなければなりません。選手権争いは依然緊迫しており、決して簡単ではないことを今週末改めて実感しました。我々は常に最速だったわけではありませんが、ライバルよりも安定していたことが勝利に繋がりました。昨日が戦いの山場であり、今日は確実に1-2-3フィニッシュするために走りました。」とコメントした。

 

おすすめ記事

Tagged