ミシュラン、公道走行も可能なサーキット用スポーツタイヤ「パイロットスポーツ カップ2R」発売

自動車関連用品

日本ミシュランタイヤは、公道も走れるサーキット用スポーツタイヤとして、新たに「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 R(ミシュラン パイロット スポーツ カップツー アール)」を、9月6日より発売する。サイズは20インチと21インチそれぞれ1サイズ、計2サイズ。価格はオープン。

 

「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 R」は、世界中の様々なレースで培われたミシュランの最新技術を投入し、世界の名だたるスポーツカーメーカーと共同開発された「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2」のドライグリップ性能を、さらに向上させたスーパースポーツカー専用サーキット向けタイヤ。過酷なレースの世界からフィードバックされた技術を採用することで、高いドライグリップ性能を提供し、また、内部構造の最適化によるさらなるタイヤ剛性の向上や、トレッドパターンの最適化による接地面積の最大化などが施され、“走る悦び”だけにとどまらず、サーキット走行に求められる“ラップタイムの更新”も可能にしている。さらに、ベルベットのような高級感のある手触りを実現するミシュラン独自の金型加工技術「プレミアムタッチ」が、走行性能だけでなく外観からも車のポテンシャルの高さを引き立てる。

 

日本ミシュランタイヤは、「MICHELIN PILOT SPORT CUP 2 R」は公道走行が可能となっているが、URL< https://www.michelin.co.jp/auto/tyres/michelin-pilot-sport-cup-2>記載の「PILOT SPORT CUP2 Rを正しく安全にご使用いただくために」、および「サーキット走行時の推奨空気圧について」等の注意事項を参照するように注意している。