アウディ スポーツ チーム WRTが「鈴鹿10時間耐久レース」で初優勝

業界ニュース

鈴鹿サーキット(三重県 1周5,807m)において、8 月23日(金)~8月25日(日)、2019第48回サマーエンデュランス「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」が開催され、Audi Sport Team WRTが日本で初優勝を果たした。

 

「鈴鹿10時間耐久レース」は、昨年始まったGT3カーの世界一を決める耐久レースで、世界5大陸をまたいで、年間全5戦で競われる「インターコンチネンタルGTチャレンジ(IGTC)」のアジアラウンドに位置付けられ、日本をはじめヨーロッパ、アジアなど世界各国から強豪チームが集結する。10時間を走行し、その走行距離の長さを競う。アウディ勢は、Audi R8 LMS GT3により、日本からはSUPER GT GT300クラスで活躍する#21 Audi Team Hitotsuyama(アウディ チーム ヒトツヤマ)が、また海外からは#25 Audi Sport Team WRTと#125 Audi Sport Team Absolute Racingの計3チームが参戦した。

 

本年のアウディRSモデルは、1994年に初のAudi RS 2 Avantが登場して以来、生誕25周年を迎え、Audi Sport Team WRTのマシンには、RSモデル25周年記念のロゴとカーナンバー25を配し、ボディはRS 2 Avantのイメージカラーである伝統のノガロブルーが採用された。一方、Audi Sport Team Absolute Racingのマシンは、ホワイトを基調に記念ロゴを配し、カーナンバーは25に1を加えた125。Audi Team Hitotsuyamaは、SUPER GT GT300クラス参戦時と同じく21。レギュラードライバーのリチャード ライアン選手と富田 竜一郎選手のコンビに加えて、ベルギー人ドライバーのアレッシオ ピカリエロ選手を加えての3人体制で10時間の耐久レースに臨んだ。

 

レース決勝では、30℃に迫る気温のもと、午前10時にレースがスタート。#25と#125はレース序盤からラップタイムで周回を重ね、#21は第1スティントのアレッシオ ピカリエロ選手が順調に順位を上げていたところ、途中接触事故によってピットスルーペナルティ課せられ、順位を大きく落とした。レース開始から3時間後には#25がトップに、#125は6位、#21は23位につけており、その後 #25はトップを一度も譲ることなく盤石の走りをみせた。レース開始8時間後には、#25と#125のワンツー体制に、#21は17位までポジションをアップしていたが、レースは残り1時間を切り、#125が最終のドライバー交代時の給油トラブルによって大幅にタイムロスをし、順位を大きく落としした。結果は、最後まで圧倒的な走りをみせた #25 Audi Sport Team WRTが、日本での初優勝を遂げた。#125 Audi Sport Team Absolute Racingは7位。#21 Audi Team Hitotsuyamaは17位で完走した。

 

予選が行われた24日、アウディ ジャパンは、「鈴鹿10時間耐久レース」の舞台となった鈴鹿サーキットで、記者会見「Audi Sport conference SUZUKA 2019」を開催。フラッグシップスポーツモデル 新型「Audi R8、Audi R8」のV10エンジン搭載モデルのデビュー10周年を記念した限定モデル「Audi R8 Decennium(ディセニウム)」、そして「Audi A5」シリーズの中で最も高い人気を誇る4ドアクーペ「Audi A5 Sportback」をベースとした初のRSモデル、「Audi RS 5 Sportback」を発表した。また、#25 Audi Sport Team WRT、#125 Audi Sport Team Absolute Racingと#21 Audi Team Hitotsuyamaのチーム・ドライバー紹介も行われた。

 

Audi Sport customer racing統括責任者 クリス ラインケ氏は、「Audi Sport Team WRTは、巧みな戦術によってミスを避け、3人のドライバーがすべてにおいて安定しており、速いラップタイムによって、スタート後3時間目から常にレースをリード。チャンピオンシップにおいて重要な意味をもつこの日本ラウンドで完璧なパフォーマンスを発揮し、勝利を収めることができました。今シーズンのIGTC開幕戦は苦しいスタートとなりましたが、これでマニュファクチャラーズとしては3位のポジションにつけることができました。最終戦の南アフリカでは、年間タイトル獲得を目指します」とコメントした。

おすすめ記事

Tagged