スズキ、相良工場隣接地に 四輪車の研究・開発関連施設等を整備・新設

業界ニュース

スズキは、相良工場(静岡県牧之原市)敷地内にある、四輪車の試験・開発を行う相良コースの関連設備の整備、拡張等を進めるため、相良工場西側と北側に隣接する一団の土地の取得について、牧之原市に協力を申し入れた。

 

100年に一度といわれる自動車の変革期にあって、多岐にわたる次世代自動車の研究・開発設備の増強を図るため、設備投資を進めており、購入予定地には、四輪車の衝突実験棟の移転をはじめ、開発実験棟の拡張、試験設備の新設など四輪車の研究・開発拠点として整備を進める計画である。

なお、総投資額は約250億円を予定している。

おすすめ記事

Tagged