三菱「RVR」、マイナーチェンジでフロントとリヤのデザインを一新

新車情報

三菱自動車は、コンパクトSUV 「RVR」のフロント・リヤデザインを一新するとともに、全グレードをサポカーS ワイドに該当させ、全国の系列販売会社を通じて8 月 22 日(木)から販売を開始した。

 

エクステリアでは、「Impact and Impulse」をデザインコンセプトとして、三菱自動車のSUV が持つ力強さに加えて、洗練された都市型SUV として、都会に映える魅力的で存在感あるデザインを採用。

 

フロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を進化させ、左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状と、フロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成することで、力強さ・堅牢さを表現しているほか、フロントフェイス に厚みを持たせることで、存在感を高めている。また、LED を多用したフロントランプデザインは、ターンランプとフォグランプをバンパーサイドに配置した特徴的なランプレイアウトを採用し、さらに、ターンランプをヘッドライトから独立させることで視認性を高めた。

 

リヤデザインは、車幅いっぱいにまで広がる水平基調のテールランプデザインと、バンパーサイドにブラックのガーニッシュを採用することで、ワイド感と安定感を演出。また、上級グレード「G」では、18 インチアルミホイールを新採用した。ボディカラーは、サンシャインオレンジメタリックと、レッドダイヤモンド(有料色 75,600円)の 2 色を新たに設定し、全7色展開とした。

 

インテリアは、上級グレード「G」のシート生地に動きのある幾何学パターンを採用したほか、室内天井をブラックにした。

 

さらに、メーカーオプションで新規設定したスマートフォン連携ナビゲーションは、内蔵地図によるルート案内やVICS 交通情報対応といった便利な機能に加え、 Android スマートフォンやiPhoneをUSB ポートにつなぐだけで、 Android Autoや Apple CarPlayのお気に入りのアプリケーションを使用できる。また、見やすく操作のしやすい、8インチ画面を設定した。

 

安全面では、予防安全技術「e-Assist」に、前進時の誤発進抑制機能を追加し、サポカーS ワイドに該当させた。またINVECS-III(Intelligent & Innovative Vehicle Electronic Control System)6 速スポーツモードCVT に、スポーツモードを常時楽しむことができるM ポジションを新たに設定した。

 

価格(消費税込):210万4920円~250万8840円

おすすめ記事

Tagged