カシオ、「ホンダレーシング」と「エディフィス」のコラボ第2弾モデルを発売

自動車関連用品

カシオ計算機は“Speed and Intelligence”をコンセプトとした高機能メタルウオッチ“EDIFICE(エディフィス)”より、「Honda Racing(ホンダレーシング)」とのコラボレーションモデル第二弾として、『EQB-1000HRS(世界限定900個)/ EQB-1000HR(世界限定2900個)』を10月18日に発売する。

■EQB-1000HRS
110,000円+税(世界限定900個)
■EQB-1000HR
62,000円+税(世界2900個)

「Honda Racing」はホンダが世界で展開するモータースポーツ活動の総称で、カシオがサポートしている「Scuderia Toro Rosso(スクーデリアトロロッソ)」に、2018年からパワーユニットを供給している。

「Honda Racing」と“EDIFICE”は、ともに日本で生まれ、高度な技術を追い求める精神を有していることから、2018年10月に初めてのコラボレーションモデル「EQS-800HR」を発売。今回の第二弾モデルでは、「Honda Racing」の協力のもと、ホンダの四輪モータースポーツの技術開発を行う研究所「HRD Sakura」と共同で開発が進められ、ホンダより実際にF1エンジンのバルブに使用されている特殊素材「チタンアルミナイド」の提供を受け、商品化が実現したという。

チタンアルミナイド製のバルブとベゼル

「Honda Racing」のイメージカラーである赤いバンドの『EQB-1000HRS』には、削り出しの「チタンアルミナイド」をベゼルに使用。さらに、エンジンの内部にも実際に行われているダイヤモンドライクカーボン(DLC)加工をベゼルの表面に施し、耐摩耗性に優れた外装を実現している。

『EQB-1000HRS/ EQB-1000HR』のベースモデルには、タフソーラーとスマートフォンリンク機能搭載の薄型クロノグラフ「EQB-1000」を採用。文字板には、エンジンシリンダーの中で点火した瞬間の燃焼をイメージし、赤と黒のグラデーションカラーが施されている。

両モデルの文字板や裏蓋、『EQB-1000HRS』のバンド部には「Honda Racing」のロゴをデザインし、Hondaのパワーユニットと、それを搭載する「Scuderia Toro Rosso」のF1カーの写真がレイアウトされたカードを同梱。プレミアム感あふれるモデルとなっている。

文字板(EQB-1000HRS)
ロゴ(裏蓋)

おすすめ記事

Tagged