国交省、令和元年度自動車整備士技能検定試験に41名が合格

業界ニュース

国土交通省では、道路運送車両法第55条の規定に基づき、自動車の整備の向上を図るため、「自動車整備士技能検定」(学科試験及び実技試験)を実施しており、今回、令和元年度自動車整備士技能検定試験(二級自動車シャシ整備士)の合格者が決定したことを発表した。

 

また、申請者数103名に対して合格者数は41名で、申請のあった各地方運輸局及び運輸支局において、合格者の受験番号を掲示している。なお、国土交通省は、今年度は、学科試験の結果、自動車整備士養成施設修了者など実技試験が免除された者のみが合格となったため、実技試験は実施しないとしている。

 

学科試験の合格基準は、30点満点に対し21点以上の成績であり、かつ、シャシ、整備用機器・計量器・材料等及び法規のそれぞれの分野ごとに40%以上の正答率であることとしている。

おすすめ記事

Tagged