ネッツトヨタ横浜、Tリーグ、木下アビエル神奈川とサブパートナー契約締結

業界ニュース

ネッツトヨタ横浜(小川純一社長)は7月1日、卓球のTリーグ女子チーム、木下アビエル神奈川と2019~2020シーズンのサブパートナー契約を締結。その契約締結セレモニーが8月7日、チームの練習施設で行われた。

セレモニーでは、ネッツトヨタ横浜・小川社長とチームの運営母体、木下テーブルテニスクラブ・川村卓也社長の間で契約書が取り交わされ、同社・小木曽伸常務から川村社長へオリジナルキャラクターのぬいぐるみが贈られた。

契約書を交わす川村社長(左)と小川社長

同社は、地域に根差した、地域になくてはならい店舗・企業を目指しており、スポーツを通じて地域社会の発展に貢献するという目的から、また、Tリーグの理念である〝世界№1の卓球リーグを目指す〟〝卓球を通じて人生を豊かに〟に共感し、神奈川を拠点とする同チームのサポートを決定した。

「アビエル神奈川は創立1年目の昨年はリーグ優勝、初年度から大活躍している。我々も一緒に頑張りたい(小川社長)」とエールを送った。

「卓球をするお子さんも増えつつあり、お子さんたちが憧れる選手が多くいるチームを目指したい(川村社長)」と抱負を語った。

サブパートナーとは、トップスポンサーの一つで公式戦用ユニフォームの背中への企業名掲出等の権利を有するスポンサー契約。

また、同チームには、オリンピックで2大会連続メダル獲得した石川佳純選手らが所属している。

ユニフォームの背中上部に大きくロゴが描かれる

おすすめ記事

Tagged