レクサス、プレミアムな野外レストラン「DINING OUT WAJIMA with LEXUS」を石川県輪島市で開催

イベント

レクサスは、五感すべてでその土地の豊かさを味わうプレミアムな野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」の取り組みに共感し、オフィシャルパートナーとして参加しており、2019年10月5日(土)、6日(日) に石川県輪島市にて、「DINING OUT WAJIMA with LEXUS(ダイニング アウト ワジマ ウィズ レクサス)」を開催することを発表した。

 

プレミアムな野外レストラン「DINING OUT」とは、「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに、毎回日本のどこかで数日だけオープンするプレミアムな野外レストランである。日本各地に眠る文化や食材を、匠の技によって新たな料理へと昇華させるシェフと、地元スタッフが一体となったおもてなしのイベントで、その日その時しか経験できない五感全てで味わう唯一無二の体験に共感し、LEXUSはこのイベントをサポートしている。

 

今回開催される輪島は、漆器の「輪島塗」で有名だが、漆器は英語で「japan」とも訳される。陶磁器を「china」と呼ぶのと同様に、国名と同じ名をもつ漆器は、まさに日本を代表する伝統工芸品であるといえる。美しい棚田や海岸線が続く日本ならではの原風景が残るこの土地に、なぜ漆芸が根づき、世界に誇る文化として花開いたのか、「DINING OUT WAJIMA with LEXUS 」では、「漆文化の国(japan)の精神の源流を紐解き、真の豊かさを探る」をテーマに、輪島の雄大な自然と、漆芸と共生する人々の暮らしから垣間見るアートの感性を五感で堪能すると述べている。

 

料理人は、自然に敬意を払い素材の扱いに定評のある日米2人のシェフ。石川県出身で東京・西麻布「AZUR」の植木将仁シェフと、サンフランシスコに拠を構え、熾火料理を主とした料理スタイルでミシュランの3つ星受賞のレストラン「Saison」のジョシュア・スキンズ氏が務める。

 

ディナーのホスト役にはコラムニストの中村孝則氏、ツアーガイドには東洋文化研究家のアレックス・カー氏を迎え、さらに「DESIGNING OUT」プロジェクトも同時開催する。世界的な建築家である隈研吾氏をクリエイティブプロデューサーとして迎え、輪島塗職人と共に開発した新しい輪島塗の器も披露される予定となっている。

 

LEXUSは、フラッグシップモデルのLSをはじめとしたLEXUS車による送迎や、ドライビングプログラムを予定しており、自然と共生する日本の原風景を楽しめる輪島で、クルマと過ごす歓びを感じられるドライビング体験を提供するとしている。

 

※チケット発売とDINING OUTについては(https://lexus.jp/brand/dining_out/wajima/)を参照。

 

 

【「DINING OUT WAJIMA with LEXUS」 概要】

  • 【タイトル】DINING OUT WAJIMA with LEXUS
  • 【日程】2019年10月5日(土)、6日(日)※2日程限定
  • 【場所】石川県輪島市
  • 【募集人数】各日程40名、計80名限定
  • 【出演】料理人 植木 将仁 (AZUR et MASA UEKI)×Joshua Skenes (Chef/Founder)/ホスト 中村 孝則(コラムニスト)×アレックス・カー(東洋文化研究家)/DESIGNING OUT Vol.2 クリエイティブプロデューサー 隈研吾(建築家)
  • 【内容】日本と海外、それぞれの地でトップクラスの実力を持つ2名のシェフと、器作りに隈研吾氏を招致。漆文化の国(japan)の精神の源流を紐解き、真の豊かさを探り、輪島の文化を五感全てで堪能する、2夜限定の野外レストラン。
  • 【主催】株式会社ONESTORY(http://www.onestory-media.jp/)
  • 【オフィシャルパートナー】 LEXUS (http://lexus.jp)
  • 【オフィシャルサポーター】輪島FUNCS
  • 【協力】輪島市、輪島漆器商工業協同組合
  • 【販売】  8月9日(金)18:00より、JTB金沢で販売開始。WEB購入が可能

おすすめ記事