トーヨータイヤ、ドイツに欧州初の技術開発拠点「欧州R&Dセンター」を設立

業界ニュース

TOYO TIRE株式会社は、ドイツ連邦共和国ノルドラインベストファーレン州ヴィリッヒ市に、欧州初の技術開発拠点「欧州R&Dセンター」を設立することを発表した。

 

「欧州R&Dセンター」は、欧州における強固な技術基盤の構築、商品開発力の強化、及び次世代モビリティを見据えた対応技術の確立などを目的として、本年秋に稼働する予定としている。これにより、米国、日本、欧州のそれぞれに技術開発拠点を擁することとなり、TOYO TIREは、今後、このR&Dグローバル三極体制により、技術・商品情報をR&Dセンター間で共有するとともに、開発速度のスピードアップを実現していく。

 

TOYO TIREは、2020年5月、セルビア共和国インジア市に新しくタイヤ工場の建設を着工し、2022年1月より、タイヤ生産の稼働を始める。セルビア工場では最新鋭のスマート工場の確立を図る予定だが、これに先駆け、今回、同じ欧州にR&Dセンターを開設し、さまざまな素材調査をはじめ、最新技術や次世代モビリティに関わる情報収集、材料評価などを実施していくと説明している。

 

欧州は自動車メーカーをはじめ、自動車関連企業も多数集積していることから、車両や市場の動きに関わる最新情報を、タイムリーに入手できる利点がある。「欧州R&Dセンター」は、マテリアルリサーチ、技術開発を融合し、現地に新設する工場において、高性能かつ付加価値の高いタイヤの開発・生産を担保していく機能を果たしていくとし、また、今後、セルビア工場の本格稼働に合わせ、配合開発や工法開発、評価やシミュレーションといった各種技術基盤を強化し、戦略商品の開発を進めるため、本センターにとどまらず、欧州域内においてR&D機能の拡張も検討していく。

おすすめ記事