国交省、復興道路・復興支援道路が2020年度までに全線開通の見通し

業界ニュース

国土交通省は、東日本大震災からの復興に向けたリーディングプロジェクトとして、国土交通省が中心となって整備を進めている復興道路・復興支援道路の路線全長550kmについて、復興・創生期間内の2020(令和2)年度までに全線開通する見通しとなったことを発表した。

 

国土交通省は、国土交通省が中心となって整備を進めている復興道路・復興支援道路の路線全長550kmのうち、397km・約7割が開通済みとなっており、残り153kmのうち106kmについては、既に概ねの開通見通しを公表していた。

おすすめ記事

Tagged