オーテック、NV100クリッパー リオ「チェアキャブ」の一部仕様向上で安全装備を追加

新車情報

日産の関連会社である株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市)は、「NV100クリッパー リオ」をベースにしたライフケアビークル(LV)「チェアキャブ」の仕様を一部変更し、日産の販売会社を通じて全国一斉に発売した。

 

NV100クリッパー リオ「チェアキャブ」は、車両後部から車いすのまま車内に乗り込めるように、操作が簡単な手動式のスロープと、車いすの乗り降りを手助けする電動ウインチを装備した福祉車両。使い勝手の良い分割可倒式のリヤシートや広い室内空間により、介護タクシーや福祉施設まで幅広いカスタマーから好評を得ている。また、安全面においては、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などの安全機能を装備している。

 

今回の一部仕様向上では、「LDW(車線逸脱警報)」、「インテリジェント DA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」、「ハイビームアシスト」、「オートライトシステム」を全車標準装備とし、安全性を向上させた。

 

価格(消費税非課税):201万2000円~213万2000円

おすすめ記事