ボルボ、「カラダ点検体操」の菊池和子氏とコラボ

業界ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは、安全運転啓発活動の一環とした、菊池和子氏による「カラダ点検体操」特設サイトを、2019年8月5日(月)より公開した。

菊池和子氏は、日本女子体育短期大学卒業。東京都の中学校教師を経て、「きくち体操」を創始した。人体のしくみに沿った健康に直結する動き方を模索し、意識(脳)と筋肉、心と体のあり方を、動かすことを通して発見し続け、命そのものである体を生涯はぐくみ続ける独自の体操を確立していった。以来、50年余りにわたって、幼児から高齢者まで、あらゆる年齢層の健康の獲得に貢献、高い信頼を得ている。川崎本部の他、東京、神奈川などの直営スタジオ、首都圏、名古屋、関西のカルチャーセンターなどに教室を持つ。

ボルボ・カー・ジャパンは、今回、高齢者を中心にテレビでも人気の高い「きくち体操」の生みの親であり、人の動きと健康を長年研究してきた菊池和子氏の監修のもと、「カラダ点検体操」を発表した。

今回発表された「カラダ点検体操」は、人が運転する以上、ドライバーの安全運転意識はこれからも大切であるという想いから考案され、脳と筋肉のつながりを意識して動かすことで自分のイメージ通りに身体を動かせるようになり、車の運転においてもミスを減らすことが狙いであると説明している。

また、免許取り立ての若者からベテランドライバーまで幅広い世代にこの体操を広めるために、8月5日(月)から、ショートムービープラットフォームの「TikTok(ティックトック)」を活用し、「カラダ点検チャレンジ」と銘打った「ハッシュタグチャレンジ」を実施している。

ボルボ・カー・ジャパンは、今後も、ドライバーの安全運転意識を高められるような活動を行っていくとしている。

おすすめ記事

Tagged