ジャガー、エクステリア・デザインを一新した「XE」2020年モデルの受注を開始

新車情報

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スポーツ・サルーン「XE」2020年モデルの受注を、2019年8月3日(土)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始する。

 

 

【 「F-TYPE」の要素を取り入れた新デザインを採用 】

「XE」2020年モデルでは、デザインをよりパワフルでダイナミックに一新させ、ピュア・スポーツカー「F-TYPE」の要素を取り入れている。エクステリアでは、新しいフロントおよびリア・バンパーのデザインを採用し、特徴的な「Jブレード」デザインのLEDヘッドライト、半円形のLEDテールランプを採用した。インテリアでは、直感的に操作できる「スポーツ・シフト・セレクター」を採用し、さらに上質なレザーシートを全グレードに標準装備した。ボディカラーは、新色のアイガーグレイ、ポルトフィーノブルーを含む全12色を用意している。

 

 

 

【 新グレード「R-DYNAMIC」を追加 】

ラインアップはエンジン体系を見直し、新グレードの「R-DYNAMIC」を追加して、全17機種展開となっている。「R-DYNAMIC」の特徴としては、航空機用ウィングレットからインスピレーションを得た、エアロダイナミクスを向上させるボディラインや、ダークメッシュ仕上げのグリルなど、専用のエクステリア・デザイン、コントラスト・ステッチを施したスポーツスタイルシートや、サテンクロームのギアシフトパドルなどがあげられる。

 

【 ジャガー初となるモバイル機器のワイヤレス充電を採用 】

また、10インチと5インチの高解像度デュアルタッチスクリーンで構成されるインフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」をはじめ、ジャガー・ランドローバー初となる、モバイル機器のバッテリーをケーブルに接続することなく充電可能な「ワイヤレス・デバイス・チャージング」と、車体上部のカメラで撮影した映像をルームミラーに映しだす「ClearSightインテリア・リアビュー・ミラー」(ジャガー初)など、先進テクノロジーを駆使した機能や装備を取り入れ、利便性を高めている。

 

【 運転支援システムを全車標準装備 】

これまでオプション装備だったレーン・キープ・アシストやドライバー・コンディション・モニター、トラフィック・サイン・レコグニション、アダプティブ・スピードリミッターなど、ドライバー支援システムを全グレードに搭載しているほか、さらに、スマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、Apple CarPlayおよびGoogle Android Autoにも対応するスマートフォンパックなど、最新のコネクティビティ機能をアップグレードし標準装備している。

 

価格(消費税込):529万円~723万円

おすすめ記事

Tagged