日産 「セレナ」をマイナーチェンジし、「全方位運転支援システム」を全車標準装備

新車情報

日産自動車は、「セレナ」をマイナーチェンジし、8月1日より発売した。

 

【デザインを一新し、迫力の増したフロントマスクを採用】

今回のマイナーチェンジではデザインを一新し、特徴的な「ダブルVモーショングリル」を採用したほか、クロームを贅沢にちりばめた宝石のようなグリルパターンなどのリッチで押し出しの強いフロントマスクや、縦長のリアコンビランプをハイウェイスター専用パーツとしてデザインし、より力強くスポーティに進化した。またセレナe-POWERには、新たに16インチアルミホイールを設定した。

 

 

ボディカラーは、セレナの新しい夜明けに相応しい「朝日」をイメージした「サンライズオレンジ」と、より精悍でスポーティな印象の「ダークメタルグレー」の新色2色を追加したほか、4つの2トーンカラーを含め、全14色とした。2トーンカラーは、ルーフの色をすべてダイヤモンドブラックに統一している。

 

 

【「全方位運転支援システム」を全車標準設定で安全面を強化】

安全面では、360°の安全を提供する「全方位運転支援システム」を全車に標準設定。同システムはアダプティブLEDヘッドライトシステム または ハイビームアシスト(グレード別設定)、インテリジェントエマージェンシーブレーキ、標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)、踏み間違い衝突防止アシスト、インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)+ LDW(車線逸脱警報)、インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)+ BSW(後側方車両検知警報)、RCTA(後退時車両検知警報)の機能を有し、より安全性能を向上させている。

 

 

前方は、対向車がいてもハイビームを維持できる、ハイビームアシストの進化機能である「アダプティブLEDヘッドライトシステム」を日産として初採用した。フロントカメラで前方の状況を検知し、対向車や先行車の有無に応じて、両側に12個ずつ配置されたLEDの照射パターンを変化させることにより、常に視認性の高い状態が維持できる。

 

 

後側方は、走行中に隣接レーンの後側方を走行する接近車両との接触を回避するよう支援する「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」や「BSW(後側方車両検知警報)」、後退時には、後方を横切ろうとする車両を検知し注意を喚起する「RCTA(後退時車両検知警報)」を新設定した。

 

また、「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備にしたことで、全車が「セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)」該当車となった。さらに、「プロパイロット」の機能は、ドライバーのストレスをさらに軽減するため、下り坂での設定速度保持や、よりスムーズな減速を可能とするブレーキ操作などが可能となったほか、ワイパー作動時の機能向上も図っている。

 

価格(消費税込):239万9760円~365万7960円

おすすめ記事