ポルシェ、911シリーズに「カレラ」「カレラ カブリオレ」を追加

新車情報

独ポルシェは、第8世代となった911シリーズの新型「911 カレラ」「911 カレラカブリオレ」を発表した。

 

 

今回発表された新型「911 カレラ」のクーペおよびカブリオレは、先代モデルより11kW(15PS) パワフルになった283kw(385PS)を発生するツインターボ3リッター水平対向エンジンを搭載。トランスミッションには、新開発の8速デュアルクラッチトランスミッションのPDKが組み合わされ、「911 カレラ クーペ」の0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は293km/hに到達する。また、スポーツクロノパッケージをオプション装着した場合、加速タイムは0.2秒短縮され、新欧州サイクル(NEDC)による燃費はクーペで9.0 l/100km、カブリオレで9.2 l/100kmとなる。

 

室内では、新型「911 カレラ」の装備と技術的には上位モデルの「911 カレラ S」と変わらない、10.9インチタッチスクリーンディスプレイを備えたインテリアとコネクティビティ、“ポルシェウェットモード”などの革新的なアシスタンスシステムなどが採用されている。

 

 

「911 カレラ」の特徴は、「カレラ S」よりひとまわり小さい標準ホイールとブレーキ、そして2本のシングルエギゾーストテールパイプなどである。タイヤサイズは、前輪が19インチ235/40ZR、後輪には20インチ295/35ZRのミックスタイヤを採用し、4輪ともに黒くペイントされた4ピストンモノブロックキャリパーと直径330mmのブレーキディスクが装着される。

おすすめ記事