VW、電気自動車 e-Golf の無料シェアリングサービス「白馬EVシェアリング」開始

業界ニュース

フォルクスワーゲングループジャパンは、電気自動車e-Golf(イーゴルフ)を使用した、電気自動車の無料シェアリングサービス『白馬EVシェアリング』を、2019年8月2日(金)より長野県白馬村で開始する。

 

『白馬EVシェアリング』は、環境省が推進する地球温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE(クールチョイス)」に賛同した長野県白馬村が、CO2排出抑制対策事業として、電気自動車のシェアリングサービスを行うもので、2年目となる今年は2 台のフォルクスワーゲンe-Golfが使用される。貸し出し対象者は、白馬村民と白馬村内の宿泊者。

 

白馬村は、水力など自然エネルギーによる電力自給率 約96%[出典:2016年度エネルギー永続地帯 データ(環境 エネルギー政策研究所)]を達成しており、その電力によって充電することで、e-GolfをほぼCO2フリーで利用することが可能である。独フォルクスワーゲン グループ本社は、7月10日に、 環境保護に関する新たな企業理念のステートメント「goTOzero」を発表し、2050年までに環境バランスシートをCO2ニュートラルにすることを表明している。VGJとしても、グループの一員として、自然エネルギー電力による今回の『白馬EVシェアリング』をサポートしていくとしている。

 

【e-Golfによる『白馬 EVシェアリング』サービス概要】

■申込開始日: 2019年7月30日(火)

■実施期間: 2019年8月2日(金)~11月29日(金)

■貸出車両: フォルクスワーゲン e-Golf

■貸出対象者: 白馬村民および、白馬村内宿泊者(運転免許証が必要)

■料金:無料

■利用期間:①月曜日午後~金曜日午前(5日間)②金曜日午後~月曜日午前(4日間)どちらかの期間を選んで申込み

■利用方法: 利用 3 日前までに白馬村役場総合案内に電話にて予約。

■申込み・問い合わせ先:白馬村役場総合案内電話:0261-72-5000

※なお、白馬村内宿泊者は、宿泊施設を通して申し込む。

■ウェブサイト: 利用条件等、詳細は白馬村のウェブサイトを参照。

https://www.vill.hakuba.lg.jp/gyosei/