ベントレー・フライングスパーのファーストエディション、70万ユーロで落札!

自動車 業界ニュース

7月29日、アンティーブ(仏)で開催されたエルトン・ジョン・エイズ財団主催のガーラ(祭典)初のオークションに、ベントレー・モーターズが「フライングスパー・ファーストエディション」を出品、70万ユーロ(約8470万円)で落札された。

この祭典は、サー・エルトン・ジョンとデヴィッド・ファーニッシュの両者が主催し、英国のロックバンド、コールドプレイのボーカリストであるクリス・マーチンが特別ゲストとして出演した。フライングスパー・ファーストエディションは匿名の入札者が獲得。オークションの収益は世界中で感染症と闘う人たちを支援するため、エルトン・ジョン・エイズ財団に寄贈された。

フライングスパー・ファーストエディションは、2019年末以降12カ月間限りの生産が予定されており、ベントレーのデザインチームのメンバーは、落札したオーナーと協力して膨大な数のエクステリアやインテリアの選択肢を検討し、オーナーのためだけにカスタマイズしたフライングスパーを手作業で制作する。

おすすめ記事

Tagged