日野とタイ生産子会社、新たな車両開発・生産拠点の定礎式を実施

業界ニュース

日野自動車とタイにおける生産子会社の日野モータース マニュファクチャリング タイランド(本社:サムットプラカーン県 サムロン、社長:ソムチャイ プラインケァウ、以下タイ日野製造)は、7月26日にサムットプラカーン県バーンボーにて、新たな車両開発・生産拠点「スワンナプームものづくりセンター」の定礎式を実施したことを発表した。式典には、タイ工業省副政務次官のアピチン ショーティガサティアン氏などの来賓を招き、日野専務役員の皆川誠氏、タイ日野製造社長のソムチャイ プラインケァウ氏が参列した。

 

日野は、「Challenge2025」において、カスタマーと社会へ継続的に価値を提供していくため、グループを挙げて事業構造の変革を進めており、この新拠点では、タイ国内の商品企画・開発・生産の機能を集約・強化し、ASEAN最適車の現地での一貫した商品化・生産供給を行う計画であると述べた。

 

日野の専務役員である皆川誠氏は、「日野は、お客様と社会に継続して価値を提供していくための事業基盤強化に向け、各地域で現地化を進めています。今後も大きく発展が期待されるアセアン地域においては、ここタイをアセアンの中核拠点と位置づけ、アセアン地域のお客様に競争力のある商品をタイムリーに提供できるように、この”ものづくりセンター”を開設することになりました。日野自動車がタイおよびアセアン地域のお客様そして社会に対し、今までも、そして今後も継続的に貢献できることを喜ばしく思います」と語った。

 

タイ日野製造社長のソムチャイ プラインケァウ氏は、「この新拠点は、単なる生産拠点ではなく、ASEAN初の”ものづくりセンター”となります。全従業員が親しみと誇りを持ち、品質の高い製品を低コストで生産する、安全かつ環境に配慮した最新のモデル工場です。この”ものづくりセンター”が、ASEAN地域のニーズにお応えするトラックを生み出してお客様に最高の価値を提供するとともに、地域社会、そしてタイに新たな価値を創造していきたいと考えています。」とコメントした。