メルセデス・ベンツ、有名声優2名を起用した「 新型Aクラスセダン」の広告キャンペーンを開始

業界ニュース 新車情報

メルセデス・ベンツ日本は、「新型Aクラスセダン」の魅力を訴求する広告キャンペーンを開始したことを発表した。

今回のキャンペーンは、「新型Aクラスセダン」の登場と対話型インフォテインメント・システム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」を訴求するもの。

声優の野沢雅子さんを起用して好評を得た昨年の「新型Aクラス」のTVCMに次いで、今回は池田秀一さん、神谷明さんを起用したCMを2篇制作しオンエアを開始したほか、特設ティザーサイトも開設した。

 

TVCMでは、「新型Aクラスセダン」の登場と、「話す」という特徴をわかりやすく表現し、カスタマーに親しみを感じてもらうために、日本を代表する声優を起用した。また、CMは、新型AクラスセダンのスペシャルWEBサイト(https://mercedes-a.jp/)内でも見ることができる。“新型のセダンタイプ篇”では、「機動戦士ガンダム」(シャア・アズナブル役)、「ONE PIECE」(シャンクス役)、「るろうに剣心」(比古清十郎役)などを務めた池田秀一さんを起用。“車で心が震えた篇”では、「シティーハンター」(冴羽リョウ役)、「北斗の拳」(ケンシロウ役)、「キン肉マン」(キン肉スグル役)などを務めた神谷明さんを起用している。

 

メルセデス・ベンツ日本 は、現在、新しいカスタマー、特に若い世代にも、ブランドの魅力のみならず、新しい時代のクルマの楽しみ方を提案しており、今後も、全国の正規販売店と一丸となり、最も愛されるブランドを目指して更に邁進していくとしている。

おすすめ記事

Tagged