TOYOTA GAZOO Racing、世界チャンピオンとしてTS050 HYBRID最後のWECシーズンに挑む

業界ニュース

トヨタ・ガズー・レーシングは、シリーズチャンピオン防衛とル・マン24時間レース3連覇を目指し、FIA世界耐久選手権(WEC)2019-2020年シーズンに参戦する。

 

WECの2019-2020年シーズンは全8戦で争われるが、今週末のスペイン、バルセロナで行われるプロローグテストが公式な幕開けとなる。今季はTS050 HYBRIDにとって最後のシーズンとなる。

 

TS050 HYBRIDデビューの年である2016年・翌2017年のル・マン24時間レースは、勝利を逃す結果となったが、2018-2019年「スーパーシーズン」として行われた昨シーズン、2018年のル・マン24時間レースで、トヨタは念願の初優勝を遂げた。そして、翌年の2019年のル・マンもトヨタは再び1-2フィニッシュを果たし、チームとドライバーの両シリーズチャンピオンを獲得した。

 

最高出力1000馬力を誇るTS050HYBRIDは、空力性能の改善及びさらなる信頼性の向上を行い、2019-2020年シーズンに臨む。

 

ドライバーラインナップは、7号車は昨年と変わらず、マイク・コンウェイ選手、小林 可夢偉選手、ホセ・マリア・ロペス選手の3名。8号車は世界チャンピオンとなったセバスチャン・ブエミ選手と中嶋 一貴選手の2人に、2017年のル・マン勝者で、かつWECチャンピオンであるブレンドン・ハートレー選手が加わる。また、テスト兼リザーブドライバーとしてチームに加入したトーマス・ローラン選手は、同時にシグナテック・アルパインチームからLMP2クラスに参戦することにより、さらなる経験を積んでいくとしている。

 

TS050 HYBRIDにとって最後のシーズンは、開幕戦となる9月1日のシルバーストーン4時間レースを皮切りに、4大陸を巡る全8戦、計66時間の戦いとなる。シリーズは、富士スピードウェイ、アメリカのセブリング、ベルギーのスパ・フランコルシャンといった伝統のコースを経て、来年の6月13日~14日のル・マン24時間レースで最終戦を迎えることとなる。

 

TOYOTA GAZOO Racing WECチーム代表の村田 久武氏は、「先月のル・マン24時間レース優勝からまだ日が浅いですが、ワールドチャンピオンとして迎えるWEC新シーズンが待ち遠しいです。今シーズンはLMP1ハイブリッド規定の最後となります。それは同時にTS050 HYBRIDにとっても最後であることを意味します。TS050 HYBRIDは多くの勝利を収めましたが、博物館に行く前に、それをさらに積み重ねることが出来れば、と願っています。チームの最大の目標はル・マンの3連覇を果たすことです。それが2015年より、設計、開発、製造、及びレース運営に関わってきたチーム全員への贈り物になると思っています。TS050 HYBRIDと共にチームは成長して強くなり、今は活力に満ちています。次世代ハイパーカーの準備も並行して進めていますが、前年の覇者として臨む今シーズンも挑戦を続け、皆様に良いレースをお見せしたいと思っています。」と述べた。

 

テクニカルディレクターのパスカル・バセロン氏は、「今季向けのTS050 HYBRIDに対しては、昨シーズンから大きな変更は行なっていません。2016年のTS050 HYBRIDデビュー以来、毎シーズン、開発を進めてきましたが、今シーズンへの変更は細かな部分の最適化とさらなる信頼性向上です。目に見える変更は空力パッケージで、それ以外は信頼性向上のための細かい変更に留まっています。昨シーズンのTS050 HYBRIDは最速で、それは確かに結果に現れています。しかし、ライバル達も開発を続けており、2018年と2019年のル・マンを比べるとその車両性能が大きく伸びたことが分かります。ライバルたちの卓越した開発能力を考えると、更に性能が向上することは間違いありません。ですから我々も開発を止めるわけにはいきません。」とコメントした。

 

セバスチャンブエミ選手は、「ブレンドンが加わる今シーズンは新たなチャレンジになります。彼とはずっと友人で、一貴と私のチームに彼が加わることをうれしく思います。彼がチームを家族のように感じられるようにしたいですし、共に勝利を重ねて行ければ、と思っています。私たちはTS050 HYBRIDでずっとレースを戦ってきました。そんな時間も来年6月のル・マンでエンジンを止めた瞬間に終わると思うと、その時はすごく感慨深いものになると思います。今季の全ての瞬間を楽しみたいと思いますし、新シーズンスタートが待ちきれません。」と述べている。

おすすめ記事

Tagged