ジャガー 「Fタイプ」2020年モデルの受注開始

新車情報

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ピュア・スポーツカー「F-TYPE(Fタイプ)」2020年モデルを、2019年7月19日(金)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始した。

 

「F-TYPE」2020年モデルは、フロントパーキングエイドやリアビューカメラを標準装備し、ドライバー支援システムを充実させたほか、インフォテインメント・システムからスマートフォンの操作が可能なApple CarPlay、Android Auto対応となった。

 

エクステリア・カラーには、アイガーグレーとポルトフィーノブルーを追加、全12色が用意されている。また、エンジン・ラインアップは、2.0リッター4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力221kW/300PS・最大トルク400Nm)、2種類の3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力250kW/340PS・最大トルク450Nm、最高出力280kW/380PS・最大トルク460Nm)、2種類の5.0リッターV型8気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力405kW/550PS・最大トルク680Nm、最高出力423kW/575PS・最大トルク700Nm)の5タイプのエンジンを取り揃え、クーペもしくはコンバーチブルのボディタイプ、トランスミッション(ATもしくはMT)、駆動方式(RWDもしくはAWD)を、それぞれ組み合わせた全32機種をラインアップしている。

 

また、2020年モデル限定グレードとして「CHEQUERED FLAG EDITION(チェッカーフラッグ・エディション)」を追加しており、「勝者」を示唆する言葉としても用いられる「CHEQUERED FLAG」を冠したこのグレードは、ベースモデルは「F-TYPE R-DYNAMIC COUPÉ」または「F-TYPE R-DYNAMIC CONVERTIBLE」が使用され、エンジンは2.0リッター4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力221kW/300PS・最大トルク400Nm)、2種類の3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力250kW/340PS・最大トルク450Nm、最高出力280kW/380PS・最大トルク460Nm)の3タイプを、エクステリア・カラーはカルデラレッド、フジホワイト、カルパチアングレーの3色を採用している。

 

 

主な特別装備として、ブラックデザインパック(エクステンデッドサイドシル付)、ブラック・コントラストルーフ、ボディのフロントグリルとリアバンパーにCHEQUERED FLAGバッジがつき、さらに、ステアリングホイールとヘッドレストにもCHEQUERED FLAGロゴを配している。さらに、20インチのグロスブラックフィニッシュ・ダイヤモンドチューンド・ホイールにはレッドブレーキ・キャリパーを、インテリアもウィンザーレザーシートにレッド・シートベルトを組み合わせている。

 

 

価格(消費税込):812万円~2,003万円

おすすめ記事

Tagged