ブリヂストン 小学生を対象とした親子体感型イベント「ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう」開催

イベント

ブリヂストンは、企業博物館「ブリヂストンTODAY」(東京都小平市)で、小学生を対象とした親子体感型イベント「ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう」を8月9日、10日に開催し、2日間で約60組の親子を招待する。

 

今回のイベントでは、世界最高峰のソーラーカーレース「Bridgestone World Solar Challenge(ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ、以下BWSC)に参戦したソーラーカーを展示し、ソーラーカーの仕組みについて説明するだけでなく、ソーラーカーを題材とした工作体験を通じて、クリーンかつ枯渇することのない動力源である太陽光エネルギーについて学習する。また、ブリヂストンTODAY館内の見学も可能となっている。ブリヂストンは、今回の体験イベントを通じて、ソーラーカーの技術力や環境への取り組み状況を多くの人に身近に感じて欲しいと考えているとしている。

 

 

BWSCは、オーストラリアで2年に1度開催されるオーストラリア大陸を縦断する過酷なレースで、「ソーラーカーの開発への貢献」と「若きエンジニアのサポート」、「太陽光という新たな動力源を活用することによる環境への貢献」を開催の目的として掲げている。ブリヂストンは、CSR体系「Our Way to Serve」の中で、「モビリティ」「一人ひとりの生活」「環境」を3つの重点領域として掲げており、BWSCはそれらの重点領域におけるブリヂストンの理念を体現できるものと考えており、そのため、2013年よりタイトルスポンサーとしてBWSCに協賛するとともに、参加する多くのチームに低燃費タイヤ技術を搭載したソーラーカー用タイヤ「ECOPIA with ologic」を供給している。

 

ブリヂストンは、イノベーションと先進技術を通じて事業と環境保全を両立し、「持続可能な」社会の実現を目指すとともに、人々がより快適に移動し、生活し、働きそして楽しむことに貢献していくとしている。

 

【イベント概要】

1. イベント名:ブリヂストンとソーラーカーについて親子で学んでみよう
2. 内容:見学や体験を通じて、ソーラーカーについて紹介
  • ブリヂストンワールドソーラーチャレンジについての紹介
  • ソーラーカーの仕組みの解説(工学院大学ソーラーチームによる講義)
  • ソーラーカーを題材とした工作体験
  • ブリヂストンTODAY見学
3. 日時:2019年8月9日(金)、10日(土)
両日 午前の部 10:00~12:00、午後の部 14:00~16:00
4. 場所:ブリヂストンTODAY(〒187-8531 東京都小平市小川東町3-1-1)
https://www.bridgestone.co.jp/corporate/today/外部リンク
5. 参加人数:各回親子15組(30名)まで
※ 下記webサイトから参加にあたっての注意事項を確認の上、申し込み
https://www.bridgestone.co.jp/bwsc/event/外部リンク
※ 希望者多数の場合は事前に抽選

おすすめ記事