トヨタ 「コースター」を一部改良

新車情報

トヨタは、マイクロバス「コースター」を一部改良し、全国のトヨタ店(大阪地区は、大阪トヨペット)、トヨタモビリティ東京(株)を通じて、8月1日より発売を開始する。

 

今回の一部改良では、有害なNOx(窒素酸化物)を化学反応により窒素と水に還元する排出ガス浄化システム「尿素SCR(Selective Catalytic Reduction)システム」を採用。これにより、ディーゼルエンジンの改良とあわせ全車「平成28年(ポスト・ポスト新長期)排出ガス規制」に適合した。さらに、NO4C-WAエンジン搭載のMT車とビッグバンにおいては「平成27年度燃費基準+5%達成」とあわせ、エコカー減税の対象としている。

 

また、センタードア(グライドドア・オート)に挟み込み防止機能とイージークローザーを採用したほか、ルームラックのトレイ中央部に半透明のアクリル板を配置することにより、荷物の有無をひと目で確認できるようにした。

 

さらに、さまざまな用途に活用できる広い後部スペースを確保した13人乗り超ロングボディを「GX」、「LX」に新設定した。

 

 

価格(消費税込):625万8600円~951万8040円

おすすめ記事

Tagged