トヨタと中国CATL、新エネルギー車用の電池に関する包括的パートナーシップを締結

業界ニュース

トヨタと寧徳時代新能源科技(以下、CATL)は、新エネルギー車(NEV)用電池の安定供給と発展進化に向けての包括的パートナーシップを締結し、電池の供給のみならず、新技術の開発、品質の向上、さらにはリユースやリサイクルなど幅広い分野における検討を開始した。

 

CATLは、グローバルで優位性のある駆動用電池システムの世界トップのサプライヤーであり、近年、世界で急速に車両電動化が進む中、中国国内や海外の多くの自動車メーカーに認められている。トヨタは、電動車普及のパイオニアとして、電動車の開発・生産・販売に関する豊富な技術と経験を有している。

 

トヨタとCATLは、電動車を普及させるためには、電池の安定的な供給はもとより発展進化が必要であると考えており、両社で体制を整え具体的な取り組みを進めていく。

 

今回の協業により両社は、トヨタの電動車および電池開発技術とCATLの電池開発・供給力を持ち寄り、魅力ある電動車の開発とさらなる普及に取り組んでいくとしている。

おすすめ記事

Tagged