パイオニア 市販カーエレクトロニクス製品が ドコモの車内向けインターネット接続サービスに対応

業界ニュース

パイオニアは、秋以降に発売予定の市販カーエレクトロニクス製品において、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)が2019年9月10日(火)より提供開始する車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に、市販向け製品として初めて対応することを発表した。ドコモの高速データ通信を定額で制限なく利用できる車内通信環境を実現することにより、カスタマーはさまざまなコンテンツを快適に楽しむことができるようになる。

 

「docomo in Car Connect」は、移動中の車内においてLTEの高速データ通信をWi-Fiを用いて利用できる車内向けインターネット接続サービス。用途に合わせて、1日500円、30日1,500円、365日12,000円の3つの利用期間から選択が可能で、データ通信量の上限や利用可能データ量超過による通信速度制限などを気にすることなく、動画や音楽、オンラインゲームなどデータ通信量の多いコンテンツを手軽に安心して楽しむことができる。

 

このサービスは、パイオニアが秋以降に発売予定の市販カーエレクトロニクス製品など、対応機器の購入のカスタマーが利用できる。ドコモの回線契約がない場合でも、dアカウントを持っていれば、誰でも本サービスを利用することが可能となっている。

おすすめ記事