スズキ 「ソリオ」の特別仕様車を発売

新車情報

スズキは、小型乗用車「ソリオ」に、快適装備を充実させながら価格を抑えた特別仕様車「GX2」、「GX4」を設定して7月11日より発売した。

 

特別仕様車「GX2」(FF)、「GX4」(4WD)は、夜間の歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」や、アダプティブクルーズコントロールなどを搭載した「G スズキ セーフティ サポート装着車」をベースに、フロントシートSRSサイドエアバッグを装備して安全性能を向上。

また、後席右側ワンアクションパワースライドドア、IRカット機能付フロントガラスやプレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)、フルオートエアコン、リヤ2スピーカー、電動格納式リモコンドアミラー、車速連動式オートドアロック、ロールサンシェード、運転席シートサイドポケット、助手席シートバックポケット、後席センターアームレスト、後席シートバックスライドレバー、パーソナルテーブルなどの装備に加え、専用のシルバーのステッチを施したファブリックシート表皮や、ブラックのドアトリムクロス、ピアノブラック調のインパネセンターガーニッシュなどを採用。「GX2」には前後のエアロバンパーなども装備している。

 

さらに、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」と、自車の周辺に人などが近づいてくることを知らせる「左右確認サポート機能」を備える「全方位モニター用カメラパッケージ」(対応ナビゲーションの装着を前提とした仕様)をメーカーオプション設定した。

 

ボディカラーは、「スピーディーブルーメタリック」と「クラッシーブラウンメタリック」のホワイト2トーンルーフをはじめ、全7パターンのラインアップとした。

 

価格(消費税込):169万3440円~178万8480円

 

なお、特別仕様車「GX2」、「GX4」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。

おすすめ記事