日産 「e-POWER」が中国で「グローバルNEVイノベーティブテクノロジー賞」を受賞

業界ニュース

日産は、新電動パワートレイン「e-POWER」が、中国科学技術協会他が主催する第一回「2019世界新エネルギー車大会」(World New Energy Vehicles Congress, WNEVC)において、数多くの電動化に関するイノベーション技術の中から選出され、「グローバルNEV(New Energy Vehicle/新エネルギー車)トップイノベーション技術賞」を受賞したと発表した。

 

「グローバルNEVトップイノベーション技術賞」は、清華大学、公益社団法人自動車技術会(JSAE)等の主要な研究組織から招かれた約30名の中国内外の有識者、専門家等により構成される「科学技術委員会」の審査のもと、選出される。

 

同大会の基調講演において、公益社団法人自動車技術会(JSAE)会長で同科学技術委員会の連合主席であり、日産自動車 執行役副社長の坂本秀行氏は、「日産はNEVの分野で豊富な経験を持っており、これまで新エネルギーに関する革新的技術の開発を全力で推進してきました。『e-POWER』テクノロジーは、電動化技術に関する日産の革新的な知見を表すものであり、またニッサンインテリジェントモビリティの卓越した実績を示すものです。」と述べた。

 

日産自動車の中国における合弁会社である東風汽車有限公司は、2018年2月に発表した新中期事業計画「DFL TRIPLE ONE」において、2022年までに全販売台数における電動化車両の比率を30%まで高める目標を明らかにしている。

おすすめ記事

Tagged