マツダ アテンザをMAZDA6に車名変更 新エンジン搭載グレードを設定

新車情報

マツダは、同社のフラッグシップモデル「マツダ アテンザ」を、「MAZDA6(マツダ・シックス)」に車名を変更し、新たに2.5Lガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を導入して、全国のマツダ販売店を通じて7月4日より予約受注を開始した。なお、発売は8月1日を予定している。

「MAZDA6」は、「本質にこだわる大人が夢中になれる、落ち着いたエレガンスと爽快なダイナミクスを兼ね備えたドライバーズカー」をコンセプトに開発され、エンジンラインアップとして、クリーンディーゼルエンジンと自然吸気のガソリンエンジンに加えて、2.5Lガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を導入した。同エンジンは、アクセルレスポンスの良さと、4.0L V8自然吸気ガソリンエンジン並みのトルクが生み出す力強さと気持ち良い加速フィール、そして高揚感を感じさせるエンジンサウンドを実現している。

2.5Lガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」エンジンを搭載するモデルには、加速重視で選択したファイナルギア比や、高いブレーキ性能を生み出す17インチの大径フロントブレーキを採用したほか、スポーティさを演出するブラック塗装のホイールとブラックレザーインテリアを専用設定としたグレード「25T S Package」を設定した。

 

また、より安心感のある走りを実現する「G-ベクタリング コントロール プラス(GVC プラス)」を全グレードに標準設定とし、高速走行時や滑りやすい路面でもより安定した車両挙動を実現。意図しない急な動きを抑制し、乗員の不安感を軽減する。

 

さらに、「25T S Package」は「25S L Package」に対し、フロントブレーキサイズの大径化(16インチ→17インチ)と、フロントファイナルギア比を低速化(4.325→4.411)している。

他にも、IRガラスを設定したほか、マツダ コネクトにApple CarPlay、Android Auto対応機能を追加して、快適性・利便性の向上を図っている。

価格:284万400円~423万9000円(消費税込)

 

おすすめ記事