みんなのタクシー スマートモビリティ推進協議会に参画

業界ニュース

みんなのタクシー株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:西浦賢治、以下みんなのタクシー)は、「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」に参画したことを発表した。

「スマートモビリティチャレンジ推進協議会」は、経済産業省と国土交通省が将来の自動運転社会の実現を見据え、新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化を目指し、地域と企業の協働による意欲的な挑戦を促すべく立ち上げた新プロジェクト「スマートモビリティチャレンジ」の推進を目的としている。

みんなのタクシーは、スマートモビリティチャレンジ推進協議会の目的である「新たなモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決及び地域活性化」に対して、業界・業種を問わず多くの事業者と連携し、自社が展開しているサービスやプラットフォーム等による貢献に取り組んでいく。

みんなのタクシーは、今年度内にAI技術を用いた需給予測サービス等のサービス拡充を予定しており、今後も様々な事業領域で強みを有するパートナーとの連携を推進し、全国のタクシー事業者がみんなのタクシーの提供するサービスを利用できる環境を整備していくと共に、安心・安全・快適な移動体験の提供を通じて、豊かな社会につながるモビリティサービスを追求していくとしている。

おすすめ記事