トヨタ、ポルテとスペイドを一部改良  特別仕様車も設定

新車情報

トヨタは、ポルテとスペイドを一部改良するとともに、ポルテ特別仕様車 F“Raffine(ラフィネ)”ならびにスペイド特別仕様車 F“Noble collection(ノーブルコレクション)”を設定し、7月3日に発売した。

今回の一部改良では、予防安全パッケージ「トヨタ・セーフティ・センス」の機能を向上、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)を採用した。

また、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違いによる衝突被害軽減に寄与する安全機能インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]をオプション設定した。

外板色は、ポルテには、モノトーンカラー7色、ボディ上部に新色アッシュグレーメタリックを組み合わせたツートーンカラー3色を設定。スペイドにはモノトーンカラー7色を設定するとともに、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3組のカラーバリエーションを設定。

そのほか、マルチインフォメーションディスプレイの燃費や航続可能距離情報などの視認性を高めるなど、改良が施されている。

またポルテ特別仕様車 F“Raffine”、スペイド特別仕様車 F“Noble collection”は、Fグレードをベースに、革調シボ付ルーフフィルム、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートなどを特別装備し上質感を高めるとともに、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を特別装備した。

価格(ポルテ、スペイドとも):182万8440円~212万8680円、ポルテ特別仕様車F“Raffine”/スペイド特別仕様車F“Noble collection”は2WD(FF)が200万7720円、4WDは215万8920円。

おすすめ記事

Tagged