プジョー、新型「508SW」を発売 ユーティリティ性を高めたステーションワゴン

新車情報

プジョー・シトロエン・ジャポンは6月27日、新型プジョー508のステーションワゴン「508SW」を発売した。

4ドアファストバックという大胆なスタイルとなったフラッグシップセダン・新型508同様、新型「508SW」も従来のステーションワゴンの概念を打ち破る大胆なスタイルを採用したのが大きな特徴。新型508のスタイリングテイストはそのままに、リヤオーバーハングを40mm延長し、ステーションワゴンならではのデザイン性とユーティリティを加えている。

2列目シートのヘッドクリアランスがファストバックに比べて約40mm拡大され、後席の居住性が高められているのに加え、ラゲッジスペースは530Lと大きく、さらに後席をたたむと1780Lもの大容量を実現している。

またユーティリティ性ではSW専用装備として、ラゲッジフックレール、セパレーションネット(=ドッグネット、GT Line、GTに装備)、ステンレスシルプロテクター、トノカバー、ルーフレールを備えている。

インテリアでは、ドライビングのためのインターフェースとして、次世代型「i-Cockpit」を搭載。デザインや素材、質感が高められたほか、レーンポジショニングアシスト、アクティブクルーズコントロール、ナイトビジョン、第2世代アクティブセーフティブレーキ等の先進機能の操作も行える。

グレード構成は3つで、「508 SW Allure」(442万円)、「508 SW GT Line」(484万円)が1.6L直4ターボを搭載。「508 SW GT BlueHDi」(517万円)が2L直4ディーゼルターボを搭載している。

おすすめ記事