2020オリ・パラ競技会場を支えるブリヂストンの技術 「東京アクアティクスセンター」「有明アリーナ」に免震ゴムを納入

業界ニュース

ブリヂストンは、東京2020オリンピック・パラリンピックの水泳競技会場となる「東京アクアティクスセンター」、バレーボールと車いすバスケットボール水泳競技会場となる「有明アリーナ」に免震ゴムを納入した。

両施設は、建物(スタンド)と屋根の間に免震ゴムを設置する屋根免震を採用。屋根を支える部分の下に免震ゴムを設置することで屋根に伝わる地震の揺れを低減し、屋根下の建物部分への負担を減らすことができる。これにより施設全体の地震時の安全性の向上に貢献する。

ブリヂストンは1984年に免震ゴムの提供により日本初の免震建物に寄与して以来、国内外に5万基以上の免震ゴムを出荷してきた。同社はオリンピック・パラリンピックのワールドワイドパートナーとして、こうした経験によって培われてきた技術や商品・サービスによって東京2020オリンピック・パラリンピックを支え、安心・安全な社会づくりに貢献するソリューションを提供していく。

おすすめ記事