スバル、群馬県と森林公園整備事業で連携強化 2018年度から5年間で総額980万円を寄付

業界ニュース

SUBARUは、同社の「環境方針」に基づく自然環境保全の取り組みである「SUBARUの森」活動の一環として、群馬県と森林公園整備事業で連携を強化し、2018年度から5年間で総額980万円を寄付する。

「SUBARUの森」活動では、同社事業所のある北海道美深町、栃木県宇都宮市、群馬県と連携し、植林・間伐・自然保護などの森林公園整備や保全活動を進めている。今回連携を強化する群馬県では、寄付金の他に「SUBARUふれあいの森 赤城」において森林体験教室や自然観察会などのイベントを検討している。

おすすめ記事