65歳以上のセーフティドライバーズクリニック JAF愛知が開催

業界ニュース

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)愛知支部(支部長 寺町一憲)は6月28日(金)に、JAF岡崎基地(岡崎市大西)で「65歳以上のセーフティドライバーズクリニック」を開催する。

このセミナーは、これからも車の運転を続けたい65歳以上のドライバーを対象に、今後も安心なカーライフを続けていただくことを目的としてJAFのベテランインストラクターが1対1でレクチャーする講習会。

普段運転している参加者のマイカーで受講するので、レンタカーや教習車での練習より実際の車両感覚を身につけやすく、参加者の苦手なところに合わせてアドバイスするので、すぐに学んだ内容を普段の運転で活かすことができる。

また、交通事故原因の大半を占める「認知不足」をチェックする約10分間の運転適性チェック「JAF Driver`s Dock(JAF ドライバーズ ドック)」を使い、参加者の運転適性や傾向のアドバイスを行い、今後の安全運転・安心なカーライフへの提案も行う。

【日 時】
2019年6月28日(金)10:00~16:30
【会 場】
JAF岡崎基地(岡崎市大西1-14-1)
【人 数】
3名  ※スタート時間 10:00~、13:00~、15:00~

【内 容】
①車庫入れセミナー・・・普段乗っているマイカーを使って、車両感覚、ミラーの活用法、ハンドルを切るタイミングなどをアドバイス
②JAF Driver‘s Dock・・・「速度の予測と判断」「眼のうごきと記憶」「眼と手のバランス」をゲーム感覚でチェックする
③安全運転を続けるため、参加者一人ひとりに合わせた提案を実施

おすすめ記事