誕生から40年、スズキ・アルト特別仕様車発売

自動車 新車情報

スズキは6月13日、誕生から40年を迎えた軽乗用車アルトの特別仕様車を発売した。

この「40周年記念特別仕様車 Lリミテッド」は、L スズキセーフティサポート装着車をベースに、快適装備を充実させながら魅力的な価格設定とした。

インテリアは、ブラック基調の落ち着いた雰囲気に仕上げたほか、バックドアには〝40周年〟の専用エンブレムを装着し、特別感を演出した。車体色には鮮やかな「ブリスクブルーメタリック」を特別設定するなど全5色を揃えた。

  

安全装備では、車両や歩行者を検知する衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」や、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」などを標準装備。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」並びに、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定車」に該当する。

アルトは、小さなクルマに求められる運転のしやすさ、使い勝手の良さ、安全性、経済性の高さ、購入しやすい価格、多用途に使える実用性を備えた軽自動車。1979年 5月に発売して以来、環境性能や安全性能をはじめとする、自動車を取り巻く社会環境やユーザーからの要望に応え、40年間8世代にわたり進化を続けてきた。

スズキを代表する日本の軽自動車として愛され続け、アルトの国内累計販売台数は、同社で国内最多の514万台に達した(19年3月末現在、アルトラパンを除く)

【希望小売価格(特別仕様車のみ)】95万5800円(4WDは106万3800円)

《1979年からのアルトの歩み》

▽79年5月:初代アルト発売
▽84年9月:2代目アルト発売。日本初の回転ドライバーズシート採用
▽85年6月:国内販売累計100万台を達成
▽87年2月:初代アルトワークス発売。軽自動車初のツインカムターボエンジン搭載
▽88年9月:3代目アルト、2代目アルトワークス発売
▽89年7月:国内販売累計200万台達成
▽94年8月:国内販売累計300万台達成
▽94年11月:4代目 アルト、3代目アルトワークス発売
▽98年10月:5代目アルト、4代目アルトワークス発売
▽03年3月:国内販売累計400万台達成
▽04年9月:6代目アルト発売
▽09年5月:アルト誕生30年記念車発売
▽09年12月:7代目アルト発売
▽11年12月アルト エコ発売
▽14年12月:8代目アルト発売、JC08モード燃費37・0㎞/㍑を達成
▽15年3月:アルトターボRS発売
▽15年12月:5代目アルトワークス発売
▽16年12月:国内累計販売台数500万台達成
▽19年6月:アルト誕生40周年特別仕様車発売

おすすめ記事

Tagged