V60 Cross Countryマイナーチェンジ 安全装備さらに充実

自動車 新車情報

ボルボ・カー・ジャパンは6月11日、ミッドサイズクロスオーバーV60 Cross Countryの一部仕様変更し、同日から発売した。

今回の仕様変更では、これまで上級グレードのT5 AWD Pro に標準装備だった「360°ビューカメラ」がベースグレードのT5 AWDにも標準装備された。

「360°ビューカメラ」は、車両の周囲に装備されている4個のカメラを使用して真上から見下ろしている映像を作成し、センターディスプレイに表示。自車と周囲との位置関係をひと目で確認することができ、障害物の有無などの周辺状況を把握しやすい。また、リバースギアにシフトすることで、センターディスプレイに360°ビューの映像を表示できるほか、ステアリング操作に応じて自車の予想進路をガイドラインで案内するリアビューカメラの映像を表示することもできる。

このほか、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能 「BLIS™(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)」にステアリング・アシスト機能を追加。これは車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じた場合、ステアリングを修正し、衝突回避をアシストする。

さらに、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援する「パイロット・アシスト(車線維持支援機能)」にステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能も追加され、より安全性能の充実を図った。価格はT5AWDが549万円。T5AWD Proが649万円。

おすすめ記事