日産、CES Asia 2019に出展 ドライバーの脳波測定による運転支援技術など「ニッサン インテリジェント モビリティ」が提案する将来技術を公開

業界ニュース 新技術

日産は、6月11日から13日まで中国の上海で開催されるCES Asia 2019に出展した。日産ブースには、ドライバーの脳波測定による運転支援技術「Brain-to-Vehicle(B2V)」、リアル(現実)とバーチャル(仮想)の世界を融合するコネクテッドカー技術「Invisible-to-Visible(I2V) 」、電気自動車のコンセプトカー「Nissan IMs」など「ニッサン インテリジェント モビリティ」で描く未来像を展示した。

2019年の北米国際自動車ショーで公開された「Nissan IMs」

リアルとバーチャルを融合する「Invisible-to-Visible(I2V)」は、カーブの先にある物、建物の裏側の状況や遠くにいる家族や友人に至るまで、ドライバーに「見えないものを可視化」し、リアルの世界に重ね合わせることで究極のコネクテッドカー体験を生み出す技術。なお3月には、同社のテストコースで、第5世代移動通信方式(5G)を用いて「I2V」を走行中の車両で活用する実証実験を行っている。

また、「Brain-to-Vehicle(B2V)」は、ドライバーが運転操作をする直前に脳の行動準備電位を検出し、ドライバーが操作する前からシステムが操作を開始することで、ドライバーの反応の遅れをカバーし、思い通りの運転ができるようサポートするもの。加えて、自動運転時に脳波からドライバーの違和感を検出し、ドライバーが違和感を持たない自然な制御の自動運転にカスタマイズすることも可能にする。

グローバルマーケティングとブランド戦略を担当する専務執行役員のルー ドゥ・ブリース氏は、「日産は、常に時代の先を行くことを目指しています。ただ未来のトレンドやテクノロジーを予測するだけではなく、私たち日産がそれを定義するのです。テクノロジーとは現実に起こっている問題を解決するためにあるべきもので、私たちはできるだけ多くの方にその恩恵を届けたいと考えています。これが、人々をより良い世界に導くためのビジョン『ニッサン インテリジェント モビリティ』の理念です。」と語った。

CES Asia 2019の日産ブースでは、ドライビング・シミュレーターを用いて「B2V」技術のデモンストレーション行うほか、3Dインターフェースやディスプレイで「I2V」の体験コーナーも設置されている。

おすすめ記事