INTERSRECT BY LEXUS-TOKYO,今年も夏季限定メニューを開始 夏の風物詩「五感を刺激するかき氷」とレアシュガースムージー

業界ニュース

レクサスのブランド発信拠点「INTERSRECT BY LEXUS-TOKYO」は、6月12日から毎年好評の夏季限定メニューの提供を開始する。今年の限定メニューは五感を刺激するかき氷「THE SENSES(ザ・センシズ)」をはじめ、メロンやパパイヤ等のフレッシュフルーツを贅沢に活用したレアシュガースムージー2種類。

毎年人気のかき氷は、レクサスの独創的なデザインと徹底したモノづくりの姿勢から着想を得た、五感を刺激する新感覚のかき氷。氷は昨年に引き続き、軽井沢の天然氷を使用。かき氷の上からかけるオリジナルのぶどうエスプーマは、ワイン醸造用のぶどうでオーストリア独自の品種「グリューナー・フェルトリーナー」100%からつくられたぶどうジュースを使用し、無加水で濃厚に仕上げられた。

ザ・センシズの最も特徴となるのは、五感を刺激するさまざまな仕掛け。ぶどうのエスプーマは、口の中でパチパチとはじける二酸化炭素の粒が入っており、音と食感を楽しめる。さらに、食べ進めていく過程でクエン酸のパウダーをふりかけることで、紫色のエスプーマの色合いが変化し、味もぶどうから甘酸っぱいレモン風味へ変化する。酸味を堪能したところで別添えの赤いマジックフルーツを食べると、甘酸っぱいレモン風味が甘く感じられる不思議な体験ができ、さらなる味の変化も楽しめる。合成着色料などは一切使用しておらず、素材は全て天然素材にこだわっているのも特徴のひとつ。

このほか、5月末から一足早く提供を開始したレアシュガースムージーは、エメラルドメロン・ピスタチオ・グァバと、パパイヤ・ライチ・シークヮーサーの2種類。パパイヤ・ライチ・シークヮーサーは、初夏が旬のパパイヤとライチの甘みに加え、シークヮーサーの酸味で臭みの無い飲みやすいスムージーに仕上げられている。

一方、エメラルドメロン・ピスタチオ・グァバは、栄養価が高いピスタチオを無加水でペースト状にし、高知産のエメラルドメロンを加えてグァバの果汁でまとめたクリーミーなスムージーで、スッキリとした甘みが特徴。また、ピスタチオのカリウムは体内の余分な塩分や水を体の外へ排出する働きがあり、むくみ解消効果などが期待できる一品となっている。

【価格】ザ・センシズ1200円▽レアシュガースムージー各700円

【店舗概要】
所在地:東京都港区南青山4-21-26
営業時間:1階カフェショップ&ガレージ/9時~23時、2階ビストロラウンジ/11時~23時(不定休)

おすすめ記事