トヨタとスバル、EV専用プラットフォームとSUVモデルのEVの共同開発に合意

業界ニュース

トヨタとSUBARUは、中・大型乗用車向けのEV専用プラットフォーム、およびCセグメントクラスのSUVモデルのEVを共同で開発することに合意したと発表した。

共同開発した車両は各々のブランドにて販売する予定。

これらのプラットフォーム/車両の共同開発においては、トヨタの電動化技術とスバルのAWD(全輪駆動)技術を活用するなど、両社の持つ技術の強みを持ち寄ることで、EVならではの魅力ある商品づくりにチャレンジしていく。またこのプラットフォームは、CセグメントからDセグメントクラスのセダン、SUV等の複数車種への幅広い応用や、効率的な派生車開発にも対応できるよう開発していく。

なお今回の合意に伴い、スバルは従来独自開発を中心に進めてきたEV開発を、共同開発にシフトさせる。これにより、技術・開発・調達などの面で更なる効率化を図るとともに、魅力あるEVの実現を目指す。

トヨタとスバルは、2005年の業務提携以来、2012年には共同開発したFRスポーツカー「TOYOTA 86」/「SUBARU BRZ」を販売、また2018年にはトヨタの持つハイブリッド車技術に関する知見を活用して、スバルオリジナルのプラグイン・ハイブリッド車「CROSSTREK HYBRID(クロストレック ハイブリッド)」を米国で販売するなど、開発・生産・販売など様々な分野での協業を深めている。

おすすめ記事