ロールとは無縁の吸い付くようなコーナリング ポルシェ・718ケイマンGTS試乗

自動車 試乗レポート

マカンやカイエンといったSUVが注目を集める一方で、911に代表されるピュアスポーツカーを製造するメーカーとしても高い人気を誇るポルシェ。その中でも、伝統的なフォルムとミッドシップレイアウト(MR)を採用する718ケイマンは、高性能でありながら911よりも価格が手ごろであることから、ポルシェの入門モデルとしても根強い人気を持つモデルだ。

MRの2シーターである718ケイマンは、2.0Lターボを搭載するベースモデル、2.5Lターボを搭載する高性能タイプの「S」、Sをベースにパワーを向上させ数多くの専用装備を採用するトップグレードの「GTS」が設定されており、今回はGTSに試乗した。

 

大径のアルミホイールや、ソリッドな雰囲気が印象的なインテリアからもスパルタンな雰囲気を漂わせる718ケイマンGTS。着座位置の低い運転席につくと背後から野太いエンジン音が耳に届き、走り出す前からマカンなどのSUVでは無いピュアなポルシェらしさを体感できる。

搭載する2.5L水平対向4気筒ターボエンジンは、最高出力365PS/最大トルク430Nmを発揮。0-100Km/h加速4.1秒の性能は高速の合流や追い越しでその実力を如実に体感でき、登坂路では登り坂であることを感じさせないほどの加速を見せる。また、ゆっくりとしたアクセルの踏み方ではトルク発生はおだやかで、スポーツカーにありがちな踏力以上の加速による飛び出し感もなく、街乗りの速度域でも扱いやすいのが印象的であった。

一方で、足回りは相当に引き締められており、路面からの入力をダイレクトに伝えるが、コーナーではロールとは無縁の路面に吸い付くように走る安定感の高さは出色の出来栄え。さらに、ステアリングを切ったときに内側の後輪にブレーキをかける「ポルシェ・トルクベクタリング」によってカーブでの回頭性も高く、ドライバーの操作に対してクルマが正確に挙動する一体感の高さは真骨頂だが、公道の速度域ではその性能の一端しか体験できない。やはりこのモデルが本領を発揮するのはサーキットであり、走る楽しさをとことん追求したいエンスージアスト向けのモデルと言える。

休日にワインディングを楽しみたいという人はベースモデルモデルでも十二分にポルシェが持つドライビングプレジャーは味わえるので、そちらのモデルも合わせて検討してほしい。

おすすめ記事

Tagged