秩父鉄道×東武動物公園「ホタル列車」運行 恋人でも家族でも楽しめるホタル観賞

レジャー イベント

秩父鉄道株式会社と東武動物公園は5月29日、専用車内でホタルを間近で観察できる「ホタル列車」を6月29日に運行すると発表した。

3回目の開催となる同企画は、秩父鉄道 急行秩父路7号(くだり羽生駅-御花畑駅間) 3両のうち専用車両1両で、東武動物公園の「ほたリウム」で飼育している「ヘイケボタル」を観察。同園の飼育係からヘイケボタルの説明を聞くことができるほか、御花畑駅下車後に希望者には秩父市内ホタル観賞スポットへ案内する。また、参加者には、特別乗車記念証がプレゼントされる。

このほか、秩父鉄道では、6月1日、2日、8日、9日に「ホタル観賞ハイキング」も実施する。

行程は御花畑駅→秩父札所13番(慈眼寺)→金刀比羅神社→市立図書館→上町街かどギャラリー→上町ホタル観賞スポット(ホタル観賞)→<復路は往路の逆>→御花畑駅の約3kmのコースをおよそ1時間かけてホタル鑑賞を楽しみながらハイキングする。

参加方法は、秩父鉄道・御花畑駅にて18:00~19:00の間に参加を受け付ける。参加費はどちらも無料。なお、ハイキングでは雨天の場合ホタル観賞はできないとのこと。

【東武動物公園「ほたリウム」概要】

展示時間:11時00分~16時00分(夏季時間変更あり)
場所  :東武動物公園内
所要時間:約15分
料金  :400円(税込)
定員  :18名(入替制)
施設内容:
「ほたリウム」は通年でホタルが鑑賞できる劇場型の施設。ヘイケボタルが約1万匹生息しており、ホタルが産卵する陸地と幼虫が生息する水場が再現された大型水槽(2m×2m×3m)で常時50匹から100匹のホタルを展示している。

【秩父地域の主なホタル観賞スポット】

時期:6月上旬~7月上旬
豊かな自然が残る秩父地域ではホタル観賞が楽しめる。

○秩父市上町     交通:秩父鉄道 御花畑駅下車徒歩約20分
○秩父ミューズパーク 交通:秩父鉄道 秩父駅下車タクシー利用
○花ハス園      交通:秩父鉄道 武州日野駅下車徒歩約10分

おすすめ記事