DS7クロスバックに駐車支援システムを新搭載

自動車 新車情報

プジョー・シトロエン・ジャポンは5月23日、DS7クロスバック・グランシックに駐車支援機能「DSパークパイロット」を搭載する仕様向上と価格改定を発表、6月1日から販売する。

新たに装備される「DSパークパイロット」は、ステアリング、アクセル、ブレーキ、前後進シフターに触れることなく、縦列駐車と並列駐車のどちらも自動で行うことができるシステムで、Cセグメントでは世界初の機能となるもの。

なおDSパークパイロット搭載車は、従来型のシフトレバーのマニュアルモードのボタンがシステム起動スイッチとなり、またマニュアルモードの選択はドライブモードセレクトスイッチからとなる。

従来シフトレバーのマニュアルモードのボタンがシステム起動スイッチになる

価格は1.6Lガソリンターボを搭載する「DS7クロスバック・グランシック」が559万円、2Lディーゼルターボを搭載する「DS7クロスバック・グランシック BlueHDi」が579万円。

 

おすすめ記事