ホンダ、「人とくるまのテクノロジー展」に最新電動化技術を出展

新技術 イベント

ホンダは、5月22日(水)から24日(金)までパシフィコ横浜、7月17日(水)から19日(金)までポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」に出展、自由な移動の喜びを広げ、カーボンフリー社会の実現を目指すHondaの「移動」と「暮らし」の喜びを提供する最新電動化技術を紹介する。

まず「移動」では、プラグインハイブリッド車の「クラリティPHEV」電動二輪車「PCX ELECTRIC」を出展。

クラリティPHEVは、革新的な2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」技術や、バッテリーの高容量化やコンバーターの高出力化など、電動コンポーネントの性能向上技術など、EV走行駆動力を大幅に高め、走り出しから高速域までEV走行の持続範囲を大幅に伸ばした技術を紹介する。

またスタイリッシュな外観とコンパクトな電動パワーユニットを搭載した原付二種(第二種原動機付自転車)電動二輪車の「PCX ELECTRIC」は、力強くスムーズな発進と軽快な登坂を実現する新開発IPM(Interior Permanent Magnet)構造のコンパクトモーター、2種類の充電方式を可能とする着脱式バッテリー「Honda Mobile Power Pack(モバイルパワーパック)」の採用などを紹介する。

「暮らし」では、電気で「つくる」「つかう」「つながる」 地球環境にやさしい再生可能エネルギー(太陽光発電や風力発電などで作った電気)を、 必要な場所で必要な時に手軽に使える技術を紹介。

自然由来のエネルギー等を貯蔵し、必要なときにそのエネルギーを取り出すことができる、可搬式バッテリー「ホンダ・モバイル・パワーパック」と、複数のモバイルパワーパックを同時に充電できる充電ユニット「ホンダ・モバイル・パワーパック・エクスチェンジャー」を展示。またモバイルパワーパックとの組み合せにより、モビリティ用途の充電だけでなく、非常時の電源、家庭内での生活に必要な機器電源として利用が可能な「ホンダ・モバイル・パワーパック・チャージ&サプライコンセプト」、モバイルパワーパックを搭載する軽快、アクティブをテーマにホンダが提案する新しいパーソナルモビリティコンセプト「ESMOコンセプト」も紹介される。

おすすめ記事