スバル初のPHV「クロストレック ハイブリッド」搭載技術を出展

業界ニュース 新技術

SUBARUは、2019年5月22日~24日にパシフィコ横浜で、7月17日~7月19日にポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展する。

ブースコンセプトは『安全と環境対応技術を融合させた、「安心と愉しさ」を提供する電動車両』。米国で販売しているスバル初のプラグインハイブリッドモデル「CROSSTREK HYBRID(クロストレック ハイブリッド)」に搭載される、先進安全技術や環境技術などのスバルのテクノロジーを紹介する。

・CROSSTREK HYBRID(クロストレック ハイブリッド)
2.0L 4気筒水平対向直噴エンジンと、2つのモーターを組み込んだリニアトロニック(CVT)、シンメトリカルAWDを組み合わせ、スバルならではの左右対称・低重心による「安心と愉しさ」を提供するプラグインハイブリッド車。

車両のベースには、スバルグローバルプラットフォームを採用し、安全性能と 操縦安定性や乗り心地などの動的質感を両立させるとともに、衝突時のバッテリー保護性能も高い次元で確保している。

ブースでは、クロストレック ハイブリッドに搭載されているプラグインハイブリッドシステムについて、パワーユニット+トランスミッションのカットモデル、パネル、動画で紹介する。

おすすめ記事