日野自動車、大型トラック用ハイブリッドユニットなどを出展

業界ニュース 新技術

日野自動車は、5月22日(水)~24日(金)パシフィコ横浜にて開催される「自動車技術展・人とくるまのテクノロジー展2019横浜」、および7月17日(水)~19日(金)にポートメッセなごやにて開催される「自動車技術展・人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展する。

ブースでは、日野が掲げている「もっと、はたらくトラック・バス」の実現に向けた「安全・環境技術を追求した最適商品の提供」「最高にカスタマイズされたトータルサポート」「新たな領域へのチャレンジ」の3つの方向性が、大型トラック用ハイブリッドユニットをはじめとするモデル展示や、映像、パネルで紹介される。

<展示内容>
・大型トラック用ハイブリッドユニット
今夏発売の大型トラック「日野プロフィア ハイブリッド」に搭載予定のハイブリッドユニット。高速走行の多い車両でも燃費効果を発揮する画期的なハイブリッドシステムで、世界初となるAI活用による勾配先読みなどのハイブリッド制御を採用している。

・小型トラック「日野デュトロ」


5月7日に発売した小型トラック「日野デュトロ」を展示。排出ガスのクリーン化に加えて、前進誤発進抑制機能をはじめとする安全装備を標準装備し、様々なシーンで衝突回避を支援する機能が追加されている。

・その他
ICTサービス「HINO CONNECT」や、自動運転技術を活用した隊列走行実証実験の取り組み等、日野の先進技術やトータルサポートを映像で紹介する。

おすすめ記事