新型RAV4、1ヵ月で月販目標の8倍となる2万4000台を受注

自動車 業界ニュース

トヨタは、4月10日に発売した新型RAV4の受注台数が、発売から約1カ月にあたる5月15日時点で、月販目標台数(3000台)の8倍となる約2万4000台に達したと発表した。

受注のうち駆動方式は、全体の約9割が4WDを選択。またガソリン車のうち約6割が新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」となっている(全体の約3割)。

メーカーオプションはインテリジェントクリアランスソナーの選択率が約8割、ハンズフリーパワーバックドアが約6割、快適温熱シート+シートベンチレーションが約6割。

ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインが約4割、アティチュードブラックマイカが約3割。Adventureの中では新規開発色のアーバンカーキ(ツートーン含む)が約4割となっている。

主な好評点は、
・SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザイン
・クラストップレベルのラゲージスペースと便利な気配り空間
・新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」をはじめとした3種類の4WDシステムの優れた走行性能

としており、SUV本来の実力が高く評価されているようである。また年齢層では20代・30代が約4割となっており、アクティブなユーザーが多い傾向といえるだろう。

おすすめ記事