ヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」、新価格で発売開始

自動車関連用品

ネオトーキョーは2019年5月16日から、人気の自動車用ヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」シリーズ3種をリニューアルし、5月16日より発売した。

この「HUDネオトーキョー」シリーズは、車内のシガーソケット(OBD-X1はOBD2ポート)につなげてダッシュボードに固定するだけで設置できるヘッドアップディスプレイ。

シリーズは3モデル。情報投射専用スクリーン装備型が2つで、OBD2接続タイプのOBD-X1、GPS+シガーソケット接続タイプのGPS-W1、フロントウインドウに投射型のGPS-03となっており、多彩な情報を投射表示することが可能となっている。

1分で設置可能な手軽さや日中でも明るい表示の実用性はそのままに、大幅なプライスダウンを実現。アマゾンから即日発送可能となっている。

【新価格 (税込)】
OBD-X1 (OBD2接続タイプ):9,980円
https://www.amazon.co.jp/dp/B07F1G9ZSF

GPS-W1 (GPS+シガーソケット接続タイプ):9,980円
https://www.amazon.co.jp/dp/B07JGMJ56D

GPS-03 (GPS+シガーソケット接続簡易型):4,980円
https://www.amazon.co.jp/dp/B074MH7RDN

おすすめ記事