先行車が検知した路上障害の位置情報を後続車へ提供「レーンハザードワーニングシステム」新開発

業界ニュース 新技術

三菱電機とHEREテクノロジーズ(オランダ)は、三菱電機のHDロケーターとHERE社のクラウドコンピューティング技術を組み合わせることで、道路上のさまざまな危険を事前に警告するシステムを開発している。

その中で先行車両のセンサーが検知した落下物や陥没、滑りやすい路面などの路上障害の位置情報を、クラウドを通じて後続車両に自動的かつリアルタイムに共有する「レーンハザードワーニングシステム」を開発し、その実証実験を昨年12月に茨城県で、本年3月にアメリカ・カリフォルニア州で実施した。

両社は今後、路面劣化状況といった情報もクラウド上で収集することで、より幅広いシステムの開発に取り組んでいく。

■レーンハザードワーニングシステム概要

このシステムは、車両に搭載されたセンサーやブレーキの動作状況をもとに把握した、故障車や減速走行の車両、落下物、陥没、滑りやすい路面などの路上障害の情報を、極めて正確な位置情報とともに、障害に接近している後続車両にクラウド経由でリアルタイムに共有する。これにより、後続車両は路上の危険を数秒あるいは数分前に把握でき、危険を回避する時間を得ることができる。

今回開発したシステムは、ドライバーの安全確保や自動運転システムへの応用が期待されることから、両社はこのシステムを自動車メーカーが自社の車両で試験ができるように、広く提供する予定。

なお、このシステムはセンチメートル単位の精度で、自己位置を特定できる三菱電機のHDロケーターとHERE社の大規模位置情報データプラットフォーム(HERE オープンロケーションプラットフォーム)を活用している。

また、両社は、クラウドを活用した自動運転向け高精度地図の自動更新技術や、道路事業者に路面の劣化状況を通知するサービスなども検討している。

おすすめ記事