SUBARU WRX S4/STI改良 よりスポーティさ際立たせたデザインへ

自動車 新車情報

SUBARUは5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表し、6 月27 日から発売を開始する。

今回の改良では、各モデルのエクステリアデザインを一部変更し、よりスポーティさを強調した。WRX S4 STI Sport EyeSightには、フロントグリルのデザインを変更。メッキモールを追加してウイングモチーフを強調することで、よりスポーティなデザインとした。またWRX S4 2.0GT-S EyeSightでは、18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更した。

一方、WRXS4 STIでは、全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更。またWRX STI Type S には、切削光輝の19 インチアルミホイールを採用。走りの躍動感を強調したデザインを採用した。

このほかにも、WRX S4/STI 全車にハイビームアシストが作動する車速を従来の40Km/h から30km/h に変更。より低車速から作動を開始することで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上。さらにトランクの開閉方法を変更し、全てのドアがアンロックされている場合、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられる仕様とし、使い勝手も向上させた。価格(税込み)はS4が336万9600円~409万3200円。STIが386万6400円~406万800円。

おすすめ記事